Cinema-Fan

管理人注目の映画をご紹介しています。

【あさひなぐ】視聴あらすじと感想(U-NEXT)

f:id:aeron501:20180715163659p:plain
出典:公式サイトより
【あさひなぐ】視聴あらすじと感想
「あさひなぐ」の視聴は「U-NEXT」がオススメです
「U-NEXT」31日間無料トライアルはコチラから(トライアルで600ポイントが付与されます)
本記事の配信情報は2018年7月15日時点のものです。申し込みの際は「U-NEXT」サイトにて配信情報をご確認ください。

「あさひなぐ」あらすじ

二ツ坂高校に入学した東島旭(西野七瀬)

中学時代は美術部だったが高校ではなぜか薙刀部(なぎなたぶ)に入部することとなる。

入部前に痴漢から助けてくれた先輩の宮路真春(白石麻衣)に憧れ、「練習も割と楽な方」と言う言葉にだまされた....

同期にはお嬢様のさくら(松村沙友理)、将子(桜井玲香)

旭は運動が苦手だが必死に練習についていく。

顧問はなぎなたのルールも知らないような「小林(中村倫也)」

旭は同級生の夏之(森永悠希)とは少し気になる関係。

そして東京都の大会では出場は7校

3回勝てば優勝となる。

決勝の相手は國陵高校

國陵高校には1年でエースの一堂寧々(生田絵梨花)がいる。

真春(白石麻衣)が2年ながらも団体メンバーに入り決勝に進んだがそれでも國陵に勝つことはできなかった。

その帰り、来年は打倒國陵、打倒一堂と決意を新たにした。

旭は「一堂寧々なんか来年私が倒してやります」と宣言する。

しかし、その宣言を一堂本人に聞かれてしまい一堂もその挑発に乗った



そして、新生ニツ坂高校薙刀部がスタートした。

旭は思うように上達しない。

それでも勝ちたい気持ちはある。

真春(白石麻衣)は旭のことを励まし、指導した。



旭の小手が壊れていることに気がついた真春は家に連れてくる。

そして、あの夏之(森永悠希)がそこにいて、実は真春の弟だと聞かされる。

夏之も薙刀をやっていたが真春を見て辞めたという。

夏之は旭の手の大きさを見て自分が子供のころつけていた小手を旭に託した。

そして、薙刀部は夏の合宿をすることに。

着いてみるとそこは薙刀の教士「寿慶(江口のりこ)」がいた。

寿慶は真春(白石麻衣)たちと手合わせをするがその強さは圧倒的。

そして地獄のような合宿が始まった。

ただ、旭(西野七瀬)だけは井戸の水くみをさせられていた。

翌日も猛特訓は続いた。

旭はまだ水くみをしていた。

そして午後から武道場で稽古に参加出来ることになった。

しかし、稽古は更に激しさを増した。

翌日も稽古は続く。

5日目は円陣稽古という稽古

円陣になり中心に2人でてきて戦う。

勝ったものはそこに残り連続で3回勝つと抜けられるというもの。

しかし、その円陣には寿慶も加わったために誰も抜けることができなかった。

そして、無事に合宿が終わった。

途中、逃げ出しそうになった部員もいたが最後まで脱落者なくが合宿は終わった。

そして、秋の新人大会。

新人大会は3人1チームで1高校2チームエントリーできる。

ニツ坂高校は1年生チームと2年生チームでエントリーした。

そして、当日

旭(西野七瀬)は緊張してうまく動けない。

早々にすねで1本とられてしまう。

しかし、真春(白石麻衣)の一言で気を取り直し1本をとる。

そして勝利し、その後も旭は一度も勝てないがベスト4まで来た。

そして、真春たちは一堂寧々(生田絵梨花)を擁する國陵高校と対戦。

しかし、真春(白石麻衣)は一堂寧々(生田絵梨花)に破れてしまった。

敗戦の悔しさを胸にそれぞれがそれぞれの思いで帰路についた。

翌日から真春は練習に来なくなってしまった。

真春は「自分がもっと強くならなくては」と自分を追い込むために出稽古に行っているのだ


しかし、残された部員たちはそのことが気にかかる。

全てを真春に頼るのはダメだ、今の状態は「依存」だと。

そして、旭(西野七瀬)が真春を道場に呼び出す。

防具なしで戦うという旭

真晴はバカバカしいと言うがそれでも旭は変わらない。

結局、旭は真春にあっさり負けてしまったが何かを伝えたかったのだろう。

そして、國陵高校との練習試合が決まった。

國陵との練習試合

部長のえり(伊藤万理華)は真春のことを先鋒に指名した。

真春は格下相手との試合だったがいつもと違い引き分けになってしまった。

そして、将子(桜井玲香)は今までとは違い動きが良くなっていた。

大倉文乃(富田望生)は最初にあっさり小手をとられたが最後は勝った。

部長のえり(伊藤万里華)は最初に一本を取るも逃げることはしなかった。

結果的には負けてしまったがその姿勢はみんながよろこんだ。

そして、大将戦として旭(西野七瀬)が試合に

相手は一堂寧々(生田絵梨花)、旭は一本を取られるも自分の気持ちを整理し落ち着き、一堂から一本を取った。

そしてそのまま引き分けた。

団体戦が引き分けたことで代表戦で勝敗を決することに。

真春(白石麻衣)と一堂寧々との対戦

真春は悟りを開いたような表情で一堂に勝った。



練習試合の帰り道、旭は真春に「先輩みたいにはできませんけど、強くなりますから」と約束した。

「あさひなぐ」の視聴は「U-NEXT」がオススメです
「U-NEXT」31日間無料トライアルはコチラから(トライアルで600ポイントが付与されます)
本記事の配信情報は2018年7月15日時点のものです。申し込みの際は「U-NEXT」サイトにて配信情報をご確認ください。

「あさひなぐ」感想

主演の西野七瀬さんはじめ乃木坂46のメンバーが活躍しました。

アイドル映画ではありますけど西野七瀬さんの感じが良かったです。

個人的には周囲の人たちのとっても興味ありますけど。

まあ、何といっても顧問役の中村倫也さんは本当にどこで見ても面白いです。

今回は軽い感じの顧問役でしたがその奥で少しだけ部員達のことを考えているのでしょう。

合宿場所の選定や終盤の練習試合もその現れかと

そして、江口のりこさんも濃すぎて良かったですね。

白石麻衣さん演じる宮路真春の弟役で登場の森永悠希さんはいるだけで「机くん」に見えてしまいます(ちはやふる参照)

全体的に「ちはやふる」感がありましたけど意図的だったのかそうでないのか。

思ったよりも笑えるところがありラストにかけてちゃんと泣かせるところもあって良かったですね。