Cinema-Fan

管理人注目の映画をご紹介しています。

シマウマ(映画)の感想(Huluにて視聴)

f:id:aeron501:20171119203718j:plain
出典:映画「シマウマ」公式サイトより
シマウマ(映画)の感想(Huluにて視聴)

Huluにて映画「シマウマ」を視聴しました。

内容的には「R15+」のなかなか過激な内容です。

主演の竜星涼さんとサブキャラの高橋メアリージュンさんが見たかった感じです。

竜星涼さんは「こえ恋」の生徒会長役がかなり良かったのです。

そして、このシマウマでは人の恨みを代わりに晴らす「回収屋」という役なのですがかなり過激です。

▶映画「シマウマ」はHuluがおすすめです
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

映画「シマウマ」は面白かったか?

とりあえず結論から「★★★☆☆」あたりでしょうか。

個人的に「ディストラクションベイビーズ」よりはアリです。

個人的にはグロいものは大丈夫な方なので映像の過激さは問題なかったです。

ただ、途中でかなり痛いシーンが多いので苦手な人は回避しておいたほうが良いでしょう。

R15+ですからね。

全体的に面白い感じは出ているのですがストーリーの切り出し感がちょっと強くて最終的にメッセージがあまり良くわからなかったです。

竜星涼さん演じる主人公の「ドラ」と須賀健太さん演じる「アカ」は高校時代の同級生です。

「アカ」は元々いじめられっ子。

そんなアカに更に追い打ちをかけたのがドラでした。

その後、復讐請負人として沢山の人に残虐な仕打ちをする「アカ」なのですがその経緯は語られていません。

途中で回収されそうになるドラに気がついたアカが「回収屋」側に引き込むのですがそのあたりがどんな心情でアカが引き込んだのかはあまりわかりません

また、ドラとの決着もついていませんので今後の続編があるのか注目です。

「シマウマ」原作漫画

ストーリーの難解な部分はもしかすると原作漫画を見ると解決するのかもしれませんが映画単体で見てしまうと解決しませんね。

原作はヤングキングに連載中です。

単行本は現在17巻まで発売されています。

漫画の時点で「絶対に読んではいけない漫画」と言われています。

確かに映画は強烈でしたが漫画もかなり強烈なようです。

ただ、それはそれとして熱狂的なファンが居ることも事実です。

機会があれば漫画もチェックしてみようと思います。

悪い「竜星涼」とキャスト陣

竜星涼さんはいい感じですね。

元々は戦隊モノの「獣撃戦隊キョウリュウジャー」でブレイクしたようですね。

記事執筆時点では「キョウリュウジャー」はU-NEXTで全話見放題配信されています。

竜星涼さんを僕が認識したのは「こえ恋」です。

純朴な生徒会長役だったのですがこれがかなりイメージ良かったんです。

ここから入ったのですがこの「シマウマ」ではかなり乱暴な役でしたがこちらもハマっていましたね。

穏やかな優しい役もかなり乱暴な役もできるということで今後かなり注目してしまいます。

今期のドラマ「オトナ高校」でも高校の担任で5人の子どもを育てるシングルファザーという難しい役(笑

というか「オトナ高校」自体がかなり謎な設定ですからね...



「高橋メアリージュン」さんも個人的に期待していました。

「ヤミ金ウシジマくん」の犀原茜役以来、すっかり好きになりました。

シマウマでもちょっと悪い美人局をする役で新宿スワンⅡでも浅野忠信さん演じる滝の彼女役でこれまた悪い役でした(笑

ドラマ「コウノドリⅡ」では育児に悩む新米ママを好演しています。

個人的には小松菜奈さんと高橋メアリージュンさんは目が離せないです。

▶映画「シマウマ」はHuluがおすすめです
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

「シマウマ」続編は?

ということで、ストーリー的には物足りなさがあります。

できれば続編を希望したいところです。

もちろん漫画を読んでいる前提であれば続編はないかもしれませんね。

ドラとアカの関係は気になるところです。

アカ役の須賀健太さんもALWAYSあたりの少年からすっかりオトナになり、そして独特な役をかなりいい感じに演じていましたね。

「シマウマ」視聴まとめ

物語よりも映像の過激さで見せている感じがする映画でした。
それでもついつい見てしまうのは竜星涼さんと須賀健太さん、そして高橋メアリージュンさん、日南響子さんとい’ったキャストの「画ヂカラ」みたいなものもあったのかもしれません(個人的感想)

ただ、「中毒性」という感覚でいうとまた見たくなる映画でもあります。