Cinema-Fan

管理人注目の映画をご紹介しています。

映画【凶悪】(山田孝之・ピエール瀧・リリーフランキー)視聴ネタバレ感想

f:id:aeron501:20170903152227p:plain
出典:FODプレミアムより

山田孝之さん主演の「凶悪」を視聴しました。

今回はフジテレビオンデマンド(FODプレミアム)での視聴です。

凶悪は以前から見たいと思っていたのですがやっと見ることができました。

今回はネタバレありで感想を綴っていきます。

ネタバレや物語の核心に触れる部分もありますので未視聴の方はご注意ください。

【AD】
「凶悪」はフジテレビオンデマンド(FODプレミアム)
>>>FODプレミアム(31日間無料)新規入会はコチラから

物語は雑誌の記者藤井役として山田孝之さん。

とある死刑囚からの手紙をキッカケに殺人事件を取材し、闇に葬られた事件を明るみに出していくという物語。

死刑囚 須藤役にはピエール瀧さん

そのピエールさん演じる須藤に殺人を持ちかけた「先生」と呼ばれるもっと悪い人にリリー・フランキーさん。

「凶悪」キャストと物語雑感

まあ、全員悪い(笑)

視聴前は山田さんも悪い人かと思っていたのですが全然立場が違いました。

ピエール瀧・リリー・フランキー 最凶

ふたりともいい人役も悪い人役もハマりますね。

リリー・フランキーさんは「おでんくん」の作者としても有名です。

基本イラストレーターだと認識していましたが俳優業もかなりこなしていますね。

最近見ているテレビドラマ「セシルのもくろみ」では雑誌編集長役がダンディでこちらもまたハマっていますよね。

ピエール滝さんとは「おでんくん」でも縁がありますね。

ピエールさんは「おでんくん」のジャガー役

それにしてもふたりが並ぶと悪い(笑)

ピエールさん演じる須藤はヤクザなんでしょうか、ヤクザ崩れのような人です。
ある日、借金の返済トラブルで債務者の老人を殺してしまったリリーさん演じる木村から連絡を受けその後、始末をします。

最初は恐る恐るだった木村もそのうちに殺しに荷担するようになり、それどころか人が死んでいく様を楽しむようになります。

そんな狂気な感じが凄かったです。

保険金目的に老人を殺すことで金を手に入れる木村、そして老人ホームを眺めて老人を金儲けの対象として「油田だね」と言ったときの表情は冷酷でした。

「いいひとそうなのに実はものすごく悪い人」が似合います。

一方、ピエール瀧さん演じる須藤はもう見てからに悪い人。

ピエール瀧さんをもっと見たいという方は「少年メリケンサック」がオススメです。

f:id:aeron501:20170903152535p:plain
出典:FODプレミアムより

もっとも悪い人役「山田孝之」

物語の核心に迫る記者として登場する山田孝之さん演じる藤井

認知症の母の面倒を妻に任せ取材にのめり込みます。

家の本棚にはたくさんの本(たぶん小説)がありました。

物語ではハッキリ描かれていませんがもしかすると小説家志望だったのかもしれません。

そんな藤井は狂気の殺人事件に魅せられてしまいます。

取材を通し、殺された人に報いたいと言いますが実は自分は楽しくて仕方がなかったのかもしれません。

「事実は小説よりも奇なり」という言葉の通り、狂気に満ちた殺人事件の顛末に迫っていきます。
途中、母の介護に疲れる妻に罵倒されても、離婚届を突きつけられても取材をやめませんでした。

物語の最後に無期懲役となった木村(リリー・フランキー)に「私を殺したいと一番強く願っているのは...」と言われガラスの向こうから指さされます。

木村の裁判に証人として出席したときも「生きて罪を償いたい」という須藤に「あなたは生きていちゃいけない」と暴言をぶつけました。

記事のことで編集長に「ジャーナリストとして」と言われますが藤井は少し不満そうでした。

「凶悪」視聴後感想

「凶悪」は疲れる物語でした。

ストーリーはシンプルですがその裏に藤井(山田孝之)の人間観や家庭環境、須藤(ピエール瀧)は確かに悪いけれども逮捕後少しだけ改心をしていきます。

悪いことに突き進んでしまった背景も見えてくると少しだけ同情もしてしまいます。

この事件の中心人物木村(リリー・フランキー)は悪すぎますがコチラもまた逮捕後は落ち着いたモノです。

綺麗な物語ではありませんがなんだかこれからの高齢化社会に向けて漠然とした不安感を表していたようにも思います。

見て損はない映画だと思います。

【AD】FODプレミアム申し込みはコチラから↓↓