読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cinema-Fan

管理人注目の映画をご紹介しています。

ハリー・ポッター シリーズ前半復習!金曜ロードショー「ハリー・ポッター祭り」開催に備えろ!

f:id:aeron501:20160603183006p:plain

ハリー・ポッター シリーズ前半復習!金曜ロードショー「ハリー・ポッター祭り」開催に備えろ!

いよいよ金曜ロードショーでハリーポッター祭りが始まります。

4連続のハリーポッターの放送です。
今回放送の4作はハリー・ポッターシリーズ全8作のうちの後半4作です。
(前半4作は昨年放送済み)

このハリー・ポッターを楽しむための特別番組が日本テレビで放送されました。
その特番の内容を整理してお伝えしていきます。

この概要を抑えておくとこれから始まる「ハリー・ポッター祭り」をより楽しくもことができるでしょう。

ハリー・ポッターの物語概要(前半4作品)

ハリー・ポッターとはひとことで言うと
「孤独で冴えない少年が魔法使いになり悪と戦う話」です。

このことを抑えておけばよいでしょう。

それでは順に1作目からの解説です。

ハリー・ポッターと賢者の石(第1作)

「この物語はいよいよ始まるハリーと仲間たちの冒険」です。

赤ん坊の時に両親を亡くし、親戚の家で養われていた冴えない男の子ハリーにある日届く「ホグワーツ魔法魔術学校」からの入学許可証。
しかし、その入学許可証は養父によって破り捨てられてしまう。

ところがそんなハリーをホグワーツの森の番人大男のハグリッドが迎えに来る。
ハリーの両親は幼いころに事故で亡くなっていたと言われていたが実は魔法使いで実は殺されてしまった。
その血を継ぐハリーが召喚されたのだ。

そこではロンとハーマイオニーと出会う。

そして、魔法の「賢者の石」を守ろうとして冒険に出かける....

ハリー・ポッターと秘密の部屋(第2作)

「闇の帝王に立ち向かうため、深まる仲間との絆」

屋敷しもべ妖精のドビーがハリーの元にやってくる。

ドビーが「ホグワーツに戻ってはいけない」と警告をする。

それでもホグワーツに戻るハリー

そこには「秘密の部屋は開かれたり継承者の敵よ 心せよ」という言葉が壁に書かれていた。 nhg7

そしてハーマイオニーが石にされてしまう。

実は魔法学校には開けてはいけない扉がある。
その扉を50年前に開けた生徒がいる。

当時の容疑者はハグリッドだと言われていたが実はリドルという生徒が本当の犯人だった。

そのリドルがジニーに乗り移りジニーの魂で復活をするのだという。

そのリドルとハリーが戦う....

リドルはその後も物語の鍵となってくる。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(第3作)

「ハリーが初めて触れる家族愛」

義母マージの嫌がらせに耐えられなくなったハリーは外の世界で魔法を使ってしまう。

しかし、罰はなかった。

そんなハリーを凶悪犯シリウス・ブラックが狙っているという。
そしてハリーを救ったのは魔法学校のルーピン。

ルーピンは実はハリーの父を魔法学校で同級生だった。

そして、シリウスの狙いはハリーではなくロンの飼っているネズミのスキャバーズ
このねずみが実はペテグリューでハリーの両親が殺されてしまうことになった裏切り者はこのペテグリューだった。

シリウスは「凶悪犯」という濡れ衣を着せられていたのだった。

そしてシリウスの愛情が初めてのハリーにとっての家族愛となる....

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(第4作)

「ヴォルデモートの復活、ハリーの勇気の物語」

三大魔法学校の対抗戦に出場するハリー。
出場選手を決めるのは炎のゴブレット。

そしてその対抗戦で好成績を収めるハリー。

しかし、その途中でハリーは何故か墓場に。

その墓場にはヴォルデモートとペテグリュー。

ヴォルデモートは自分の復活に必要なハリーの血を求めている。
そして、ハリーから血を取り復活を遂げるヴォルデモート。

絶体絶命を思われた時、ハリーの両親やヴォルデモートに殺された魔法使いたちがこだまとなって現れる...

金曜ロードショー「ハリー・ポッター祭り」2016

2016年のハリー・ポッター祭りがいよいよ始まります。

後半4作品がこれから放送されますが11月には待望の新作が公開されます。

新作を楽しむためにも今回のハリー・ポッター祭りは絶好の機会でしょう。

放送予定は以下のとおりです。

・6月3日「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

・6月10日「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

・6月17日「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」

・6月24日「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」

今夜からの「ハリー・ポッター祭り」楽しみです!!