読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cinema-Fan

管理人注目の映画をご紹介しています。

「海よりもまだ深く」 原作・主題歌・ロケ地情報

f:id:aeron501:20160516214912p:plain
海よりもまだ深く 原作・主題歌・ロケ地情報

阿部寛さん主演の映画「海よりもまだ深く」の公開がいよいよ今週末となっています。

是枝裕和監督の笑ってしまうけど最後は泣いちゃうストーリーとなっています。
阿部寛さんは相変わらずの「阿部ちゃん」な様子ですが予告動画を見る限りでは真木よう子さんとの元夫婦が妙にしっくりいっています。

そんな「海よりもまだ深く」の原作、主題歌、ロケ地について調べてみました。

「海よりもまだ深く」原作について

「海よりもまだ深く」は予告を見ると面白おかしくも最後は人間味あふれるストーリーで涙腺をくすぐられることでしょう。

どこか小説にでもありそうなタイトルですが実際は是枝監督が原案、監督、脚本を手掛ける完全オリジナルの作品だそうです。

前作の「海街daiary」は原作はありましたが、「海つながり」には何か意味があるのでしょうか?

この「海よりもまだ深く」の公開日に合わせ5月21日にこの「海街diary」が地上波初登場となりますので見てみましょう。


「海よりもまだ深く」主題歌について

主題歌はハナレグミの「深呼吸」という曲になります。

今回の曲は映画のための描きおろし曲となります。

「ハナレグミの主題歌は泣ける」の都市伝説どおり予告動画を数秒聞いただけで泣きそうなります(笑)

そんな「深呼吸」のタイトルは映画の中でいつも背中を丸めている阿部寛さん演じる主人公が父の形見の硯を背中をまっすぐに正してする姿」からインスパイアされたそうです。

そのシーンは是枝監督にとってもメッセージを強く込めたシーンだそうでその思いがシンクロしたということでしょうか。

また、この曲のMV(ミュージック・ビデオ)も是枝監督によるものだそうです。

追記
ハナレグミの「深呼吸」が公開されていました!

「海よりもまだ深く」ロケ地について

今回の物語の舞台となったのは東京都の清瀬市です。

清瀬市は是枝監督が9歳から28歳までを過ごした町です。

メインの舞台となっているのは清瀬市の「旭ヶ丘団地」です。

また、映画の中で象徴的に登場する「タコの滑り台」は同じく清瀬市の都営清瀬野塩アパート内公園に実在するものです。