Cinema-Fan

管理人注目の映画をご紹介しています。

64-ロクヨン-映画とドラマ比較してみる(キャスト・ロケ地)

f:id:aeron501:20160430103331p:plain

64-ロクヨン-映画とドラマ比較してみる

【映画】64-ロクヨン-がいよいよ公開直前となります。

個人的には昨年のNHKドラマ「64ロクヨン」があまりにも良かったのでその辺りと比較してしまいますがみなさんはどうでしょうか。

NHKのドラマは常に作りこみが深くて映画に近い作りを感じています。
昨年のロクヨンはピエール瀧さん主演で当初「大丈夫か?」と話題になったのを覚えています。

ドラマがあまりに面白かったので合わせて小説も読んだりしてみましたが小説は読み慣れないこともあり少々難儀したのを思えています。

そんな64-ロクヨン-が映画になって帰ってきます。

映画64-ロクヨン-のキャストが豪華すぎる

もう映画版は豪華過ぎます(笑)

ドラマ版もわりと豪華だなとは思ったのですが映画版は豪華すぎてもう...
ただ、実際には内容的に非常に重厚な内容なのでここまで豪華なキャスティングよりもNHKドラマのようなキャストの方が感情移入しやすいのかなと思っています。

個人的に気になった俳優さんをドラマ版と比較しながら紹介していきます。

主人公「三上」

f:id:aeron501:20160430103347p:plain
f:id:aeron501:20160430103355p:plain

主人公の三上役はドラマ版のピエール瀧さんから佐藤浩市さんとかなりの男前度アップです。
ピエールさんは一切笑わないという役でしたが普段のふざけた感じは全く無く本当に重厚な役を見事に演じていたと思います。

もちろん佐藤浩市さんもなしではないのですがちょっと男前すぎますね。
泥臭い場面も多いのでもう少し...

小説では三上の顔を「鬼瓦」と表現している箇所があったように思います。

ドラマ版では三上の同期の二渡を吉田栄作さんが演じていました。
鬼瓦顔と男前という対比が良かったはずです。

とは言え佐藤浩市さんの三上も気になりますし、きっと見てしまうとピエールさんの三上とは違う良さが出ているのだと思いますね。

刑事部長「松岡」

三上が慕う刑事部長の松岡は三浦友和さんです。
ドラマ版では柴田恭兵さんでした。

要所で三上との関わりを持つ松岡。
三上と同じく昭和64年は終わっていないという一人、同志。

三浦友和さんも男前すぎる感がありますがここはまあいいでしょう。

刑務部長「赤間」

ドラマ版では平岳大さんがイヤらしいキャリア役を演じていました。
映画では滝藤賢一さんですなー

いやらしい感じは出そうですね(笑)

三上の妻「美那子」

美那子役は夏川結衣さんです。

ここは特に異論はありません(笑)

NHKドラマでの木村佳乃さんの衝撃は忘れられません。
だって、あの鬼瓦の奥さんがあんなに綺麗な人だとは...

元婦警さんということで物語の後半にも重要な役を担っています。

広報室婦警「美雲」

美雲は記者クラブとのやりとりで重要な役どころでもあります。

警察の本音と建前を象徴するようなセリフもたくさんありました。
ドラマ版の山本美月さんから榮倉奈々さんになりましたが榮倉さんの最近のドラマなどでの印象からするとシリアスな役なので見どころはありそうです。

現在放送中のドラマではプロレスオタクの弁護士役ですが婦警さん役もハマるでしょう。

広報室「諏訪」

諏訪もいい感じの役です。

ドラマ版の新井浩文さんは良かったです。
内側に秘めている葛藤みたいなものが見えて良かったです。

綾野剛さんの諏訪も期待です。


新聞記者「秋川」

ここは一番違和感無いです(笑)

ドラマ版では弟さんの永山絢斗さんが演じていましたが映画版ではお兄ちゃんの瑛太さんです。
どうりで違和感がないはずです。

記者クラブもここでは重要な役割と言えるでしょう。
この記者クラブ対策として三上が広報に採用されたというエピソードも映画版では語られるのでしょうか。

最初の誘拐事件の被害者「雨宮」

昭和64年の最初の誘拐事件の被害者の父 雨宮
(この物語では2回誘拐事件がある)

娘を誘拐されて家業の漬物店の経営もままならなくなってしまったが最後まで諦めなかった雨宮。
三上とのやりとりや警察の建前に付き合わされるも娘を失った傷は癒えない。

ドラマ版の段田安則さんの演技が凄すぎたために映画版の永瀬正敏さんを心配してしまいます。

2回目の誘拐事件の被害者「目崎」

この物語では2回の誘拐事件が起こります。

その誘拐事件では目崎の娘が誘拐されます。

ドラマ版では尾美としのりさんでした。
映画版では緒形直人さんです。

今思えばドラマ版も豪華

今思えばドラマ版もなかなかの豪華キャストでしたね。

入山杏奈さん、きたろうさん、萩原聖人さん、村上淳さん
あーでんでんさん、いい味出してましたねー

映画版も豪華です。

日吉に窪田正孝さん、幸田に吉岡秀隆さん、奥田瑛二さんもいます。
f:id:aeron501:20160430103433p:plain

ロケ地はドラマと同じくほぼ群馬

NHKのドラマもそうでしたが基本的には群馬県での撮影だったようです。

元々この物語はフィクションのはずですが実話ではないかと言われるような似たような事件が群馬県で発生しています。
残念なことにその事件は時効を迎えてしまったわけですがそういったことが背景にあるのかもしれませんし原作者の横山秀夫さんが元々群馬県の地方紙「上毛新聞」の記者をしていたこともあることから物語の風景描写が群馬県に近かったのかもしれません。

期待がやまない超大作の予感

NHKの64-ロクヨン-は本当に面白い作品でした。
もちろん笑うところは1箇所もありませんでしたが。

そういった意味では物語の面白さは保証されていると言ってもいいでしょう。

キャスティングもこの上なく豪華です。
もちろんキャスティングが良いから面白いとは限りませんがこの映画に関しては期待値高めです。